無事に今年も、お米の収穫を終えることができました。

思い起こせば、

田植え後の初期の生育がかなり遅く、

1年目の去年がかなり豊作だったこともあり、

それと比較してしまうと、

「ちゃんと穂が付くのか?」

と、

6月は毎日思っていたものです。

 

周りには「今年はできないかもしれませんねぇ」

と本当は諦めてはないのですが、

すでに”保険”を作るように

自分を慰めるような言葉を出していました。

 

7月に入り晴れが続くと

少しずつ”分蘖(ぶんけつ)”が進み、

ベテラン農家さんの育てる近くの田にも追いついてきて、

「後半型」

なのだと理解でき、少し安心したのでした。

 

そして、ついに

8月の稲の開花の時期がきました。

去年と同じくらいでした。追いつきましたね。

 

そして9月。

周りの雑草に負けずに育った稲達が生き残り、

競争を勝ち抜いて残った精鋭達。

昨年は雑草との戦いを初期の段階で逃げ切り、

後半はほとんど雑草取りをせずに行けましたが、

今年は初期の生育が良くなかったため、

最後の最後まで草取りを行いました。

 

妻は今年は娘が歩くようになり、なかなか手伝うことができず

作業をできるのは僕一人。

今年はほぼ一人での作業でした。

 

本音としては地域の人や友人と

みんなでワイワイと田んぼに入って

「あーでもないこーでもない」

と話しながら作業をしたいのですが、

まあ、今後の楽しみとしてとっておきます。

 

何はともあれ、

今年も無事にお米を収穫できたことに感謝して、

収穫量は確実に去年と比べると減りましたが、

満足です。

あとは脱穀をして、精米をして、食べるのみ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

僕の考え

子育てと田んぼ。美味しいお米が出来ました。

家族に。 子供に。 安心して食べて欲しい。 今年も無事に収穫出来ました 続きを読む …

暮らし

台風でハザがけが倒れました。

ひさびさの快晴! 「台風の影響もなくてよかった」 と、久々の天気にウキ 続きを読む …