今年もこの季節がやって来ました。

2017年、田んぼの稲刈り!

 

今年はもち米(ふくしまもち)とうるち米(ゆめしなの)の2種類を育ています。

今年は稲刈りを業者に頼んでしまおうか悩みましたが、

やっぱり、今年も自分達で刈って、

ハザ掛け干しをして、

脱穀をし、

美味しいご飯をまた皆さんとシェアしたいと思います。

IMG_2482

最近では、お米作りもどんどん大型機械化が進み、

子供の姿も、助っ人の姿も殆ど見なくなっています。

 

垂れる稲穂や

ぬかるんだ土、

汗に吹く風の心地よさ。

そして人と人。

そんな「触れ合うこと」の機会を大事にしたいと思います。

毎日のように頂くありがたい「お米」です。

田んぼの作業の大変さ、気持ち良さ、充実感。

味わいに是非お越しください。

===========================

●日時:10月7・8日(土・日)14・15(土・日)

・基本的に稲穂が乾いた時にやっています。

・朝9時くらい〜夕方まで

・雨の日はやりません。

●場所:我が家から歩いて5分ほど。

・車でお越しの際 「諏訪南」インターから20分ほど。

・電車の方は 「茅野駅」から路線バスにて25分。

●作業内容

様々ですが、

稲刈り(機械、手刈り)

稲を束ねる作業

刈った稲束を干す作業

地面に落ちている穂を救出する作業。

生き物を観察する作業

イナゴ、トンボを捕まえる作業

夜な夜な田んぼに侵入している鹿の足跡を探し、追跡する作業

八ヶ岳を見ながらお茶を飲む作業

昨年の我が家のお米、自家製味噌汁でお腹を満たす作業

疲れたので休む作業。

etc

 

===========================


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

暮らし

今年の田植え。土作りから意識してやっています。

田植えの時期になりました。 昨年の田んぼは「土の力」が落ちていたように 続きを読む …

暮らし

余っていた黒豆と鞍掛豆を使って醤油麹を作りました。

「醤油麹」作り真っ最中。 完成までのこの2晩は 麹箱のすぐ横で寝て 温 続きを読む …