その暮らし方であれば、
食べ、出し、寝る。という、
当たり前の生活が今後も
”何世代”
と繋げる事が出来る。
=持続可能性のある生活

ができる。
そんな文化をまた作り、続けて行こう。

という事。

そんな文化を
僕らの先祖は続けて来たからこそ
今、僕らがいる。

今、物で溢れたこの豊かな国の生活は
人間にとって贅沢だ。
そして、地球を壊してる。
今の日本はこの事を個人が意識し、
生活の質をシフトダウンしたとしても、
「それでも幸せだね。」
いや、
「意外とこっちの方が幸せだね」
と気がつく。

それが、
少しでも地球の為になるのなら、
世界の裏側で苦しむ人達の支えになるのなら。
他人の為になるのなら。

そうやって自分以外の事も思える国民性
それが、日本人の特徴。

そんな事を思うと、
高度経済成長も支えた、絶対的な安心のある日本の技術力と同じように。
これからの日本の社会を支えるのは、
経済力ではなく、
原発という不安を生む技術ではなく、
政治家から何かが始まるのではなく、

一人一人の国民から生み出される、
分かち合いの文化だと思います。

パーマカルチャーと難しい言葉で言っていますが
古来、日本には当たり前にあった文化の事だと言います。

今までにない新しい物を得ようと言う事ではなく、
深い所に隠れた、日本の心を思い出してみたい。
ただそれだけです。

カテゴリー: 僕の考え暮らし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

暮らし

今年の田植え。土作りから意識してやっています。

田植えの時期になりました。 昨年の田んぼは「土の力」が落ちていたように 続きを読む …

暮らし

余っていた黒豆と鞍掛豆を使って醤油麹を作りました。

「醤油麹」作り真っ最中。 完成までのこの2晩は 麹箱のすぐ横で寝て 温 続きを読む …